落ちてもくじけない

受験勉強と就職試験、どちらが大変かを聞くと、就職試験と答える人も多いです。
そのぐらい就職するのが難しい時代になっています。
受験勉強は頑張れば頑張った成果が現れます。
また学力が目に見える偏差値という形で輪切りになるので、自分がどこの学校を受ければ合格できるのかを知ることが出来ます。
しかし、就職活動には明確な基準はありません。
同じ学校、同じ成績、同じスキルの学生が2人いたとして、一人は次々と内定を取るのに、もう一人はさっぱりということもあります。
こうした場合、落ちたほうの学生が気質で劣るということは、まずありません。
何かが違うので、結果も異なるのでしょうが、実際のところ、その何かを第三者ですら掴むことは出来ないのです。
落ち続けてもくじけない心を持つことが大切です。

しかし、落ちる理由を考えることは大切です。
自分で自問自答していても袋小路に入ってしまうだけなので、必ず大学の就職課や、就職応援会社などの専門家の意見を聞くようにするようにしましょう。
適切なアドバイスを受けることが出来ると思います。

志望動機がマニュアルにそっくりだったり、自己アピールがその人にしっくり来ない場合も考えられます。
聡明でしっかりした印象であるのに、社交性ばかりをアピールしすぎるということもあるでしょう。
希望部署が本人のスキルと合っていないということもあると思います。
内定が取れないときには、もう一度、鏡を見ながら、練習してみましょう。
ネガティブにならないよう、どの企業も始めての面接のつもりで臨むことが大切です。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017就職面接でくじけない!徹底対策☆.All rights reserved.