まずはエントリーシートから

どんなに面接の練習をしても、面接までたどり着けなくては意味がありません。
まずは、面接の事前調査とも言えるエントリーシートをしっかりと書きましょう。
エントリーシートとは、それぞれの企業が独自に作成した質問や課題などのことです。
大手企業では多くの希望者が殺到します。
エントリーシートを事前面接の代わりとして、面接可能な人数まで絞り込む必要が企業にはあります。
そのために、エントリーシートでは応募者が自社を第一希望として考えているのかを調べるような設問も用意されています。
記念として、万が一受かったらラッキーといった本気度の低い学生を除いて、会って見たい学生を残すのがエントリーシートの目的です。

エントリーシートは奇抜なことを書いて目立つ必要はありません。
一番になる必要はなく、着実に面接に進めるような内容を書きます。

実際の面接では、エントリーシートを元にして質問がなされます。
自分の長所や学生時代活動内容などに関心を持ってもらえるように、エントリーシートを記入しましょう。

誤字脱字は論外です。
また、複数のエントリーシートを記入していると、どこの会社に何を書いたか、わからなくなってしまうこともあります。
送ったエントリーシートは必ずプリントアウトして、ファイリングしておくことが大切です。
同じような内容を記入しているつもりでも、設問によっては答え方が異なっていることもあります。
面接まで進んだときには、このエントリーシートを再度見直して、どんな質問が来るのか、考えておくことも大切です。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017就職面接でくじけない!徹底対策☆.All rights reserved.