面接の前に

エントリーシートの高倍率を潜り抜け、無事面接までたどり着けたら、まず何をすればよいのでしょうか。
まずは服装や髪型に気を配りましょう。
服装は黒や紺のスーツが無難です。
就職活動で大切なのは、自分の中身が目立つことです。
服を奇抜にしてしまうと外観ばかりが面接官の心に残ってしまって、肝心の受け答えや人柄が見えなくなってしまうことがあります。
自分を目立つようにするためにも、服装は無難で清潔なものを用意しましょう。
高価なスーツでも着古したものよりも、新品のほうがフレッシュな印象を与えます。
女性の場合は、化粧などの控えめにすることが大切です。
面接官に、「あのラクロスを頑張っていた子」と話の内容で覚えられるのと、「あの付けまつげの子」と外観で覚えられるのと、どちらがお得かはすぐにわかることです。
服装や髪型は出かけるまえに全身がうつる鏡でチェックしましょう。
服に汚れがないか、ストッキングにほつれがないかなど確認することも大切です。

次に気をつけるのは、入室方法です。
採用担当者があなたを始めてみるのは、ドアから入ってきたときです。
このときの印象をよくする努力が必要です。
歩き姿や椅子に腰掛ける様子などは自分で確認することは出来ないので、家族や友人にビデオカメラを回してもらって、自分でもチェックしてみましょう。
気をつけるのは、姿勢と癖です。
姿勢が悪いと、なんとなく暗い印象を担当者に与えてしまいますし、実際に仕事する上でもマイナスと思われてしまいます。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017就職面接でくじけない!徹底対策☆.All rights reserved.