話し方の癖を知る

弁論部にいたから、学生時代にナレーションのアルバイトをしていたから、という人が面接は要注意です。
もしかしたら、就職面接にはマイナスの話し方が身についているかもしれません。
面接で大切なのは、企業担当者に好印象を残すことです。
企業担当者が求めている人材像を頭に思い描いて、面接を進めるようにしましょう。

話すアルバイトをしていた人は、ついついしゃべりすぎる傾向にあります。
まずは面接官の質問が最期まで終わってから、話し出す癖をつけましょう。
会話の最期にかぶるように話し出すのはNGです。
集団面接でも、他に人が話しているときは、しっかりと聞く姿勢を見せることが大切です。
また、流れるように話す必要はありません。
面接は採用担当者とのコミュニケーションの場になります。
事前に用意した原稿を読むような話術では一方通行の印象を与えてしまいます。
相手の話が終わったら、一呼吸してから、ゆっくりと相手の目を見て話し出すことがポイントです。

早口になってしまう人は、同じ話を繰り返す傾向が多いようです。
一つの文章に同じ固有名詞が何度も出てくるような会話は、友達の間では楽しいですが、面接には向きません。
いいたいことを簡潔に話す話術を身につけましょう。

趣味や特技について聞かれたときに、延々と話してしまうのもマイナスです。
採用担当者は、多くの学生の趣味や特技についての話を聞いています。
どんなに一生懸命の趣味でも、面接する人にとっては聞きなれた趣味であったりもします。
こうした質問を受けたら、どんな答えをするのか、事前に簡潔にまとめておくことが大切です。
その場合は、趣味を通じて何を得たのか、自分がその会社を志望する動機につながるよう話すことが大切です。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017就職面接でくじけない!徹底対策☆.All rights reserved.