集団と個人

面接には集団面接と個人面接、他にグループで行うディスカッションなどがあります。
どれも緊張するものですが、一対一で行われる個人面接が一番対応を立てやすく、集団面接やグループディスカッションは対応を立てにくいとされています。
集団面接では、個人面接と異なり他人の意見にも耳を傾ける姿勢も評価されます。
周囲の人へも配慮して話すことが必要になります。
ひとりだけ長い時間を話したり、人の会話をさえぎったりすることはNGです。
また、自分が話し終わった途端にリラックスしてしまわないように注意しましょう。
集団面接では、他の希望者と比較検討されているような錯覚を覚えてしまい、妙にライバル心を持ったり卑屈になったりしてしまうことがあります。
しかし、受かるときには全員受かることだってありえるのです。
場の雰囲気を悪くしないよう、心がけることも大切です。

グループで行うディスカッションでは、リーダー役や記録役など、さまざまな役割を受け持って、話をまとめて発表する能力を試されます。
リーダーが一番目立ちますが、自分がどんなときにもリーダーになる必要はありません。
面接担当者は個々の能力を見ていますから、一歩下がる姿勢も評価されます。
有能であるとアピールするのは目立つことが大切なのではありません。
地味に見える仕事を一生懸命こなすこともアピールになります。

集団面接やグループディスカッションは、模擬面接で体験することができます。
志望する会社にこうした面接がある場合は、事前に体験しておくことも大切です。

人気の就職は、このWebサイトがイチオシです。

記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017就職面接でくじけない!徹底対策☆.All rights reserved.