面接マニュアルの活用方法

わらをも掴む気持ちで読む面接マニュアルの本、当然ですが、面接担当者も読んでいます。
その企業の就職サイトなども見ていると思って間違いないでしょう。
あなたがサイトや本から得た知識は、面接担当者も同じように持っています。
就職応援サイトなどでは、その企業にどう採用されるか、先輩の体験談なども掲載されていますが、こうしたものも面接担当者は見ています。
面接に臨むときには、こうした情報のまま会話したり受け答えをすることを避けることが賢明です。
しかし、面接マニュアルに書かれていることが間違っているわけではありません。
まずは、こうした情報を自分の体験に置き換えて、オリジナルな答えを作り出すことが大切になります。

面接のマニュアルを自分の中で上手に消化するためには、まず練習が大切です。
模擬練習なども必要ですが、数社の面接を繰り返していくうちに、自分なりの答えが見つかることもあります。
できるだけ、本命企業の面接は後にして、その前に数社の面接が行えるように、日程を作ることも大切です。

面接の時期やスピードは業種によっても異なります。
自分には合わないと思っている業種でも、実際に会社訪問すると良い印象に変わることもあるので、面接慣れするためにも、いろいろな業種にエントリーしましょう。
外資系企業は就職活動を行う時期が日本企業とは少しずれます。
出版やメディア系の企業は、他の製造業よりも、就職活動が早く始まる傾向にあるようです。
記事を共有・ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright (C)2017就職面接でくじけない!徹底対策☆.All rights reserved.